HOME > 土留工事

土留工事

当社では、本坑工事(既製杭・場所打杭・鋼管杭)及び土留工事(土留H鋼・シートパイル・SMW連続壁)、他 桟橋工事一式を安全かつ迅速に作業しています。

ステージ・山留設置工事

画像:ステージ・山留設置工事写真

建設機械の作業スペースや工事用車両の通行、資材の仮置スペース等を確保するための、仮設橋梁の総称で建築・土木の分野を問わず広く施工されています。作業場内の建設機械の施工能力、台数から必要となる構台のスペースを計画します。また、道路工事等においては路面を一時的に覆工し、一般車両の通行の妨げとならないよう路下での地下工事を行うために設置します。重仮設資材を効率よく適切に使用し、山留工事とともに広く現場で採用され周辺地盤を痛めることなく工事を進めています。 

SMW工法

画像:SMW工法写真

SMWとは土(Soil)とセメントスラリーを原位置で混合・攪拌(Mixing)し、地中に造成する壁体(Wall)の略称です。多軸混練オーガー機で原地盤を削孔し、その先端よりセメントスラリーを吐出してソイルセメント壁体を造るものです。遮水性山留め壁、耐土圧構造物及び止水壁に広範囲に利用することができます。SMWは、ソイルセメントのみで構成される場合と、芯材(H形鋼・鋼矢板)とにより構成される場合があります。芯材を挿入することにより山留め壁及び耐土圧構造物として広範囲な利用が可能となります。従来工法に比べて遮水性に優れ、工期は短く、経済性に優れています。また、孔壁の緩みや崩壊が極めて少なく、地盤沈下など周辺地域に対する影響が少なくなっており、より大深度に適した設計が可能です。

クラッシュパイラー工法

画像:設置工事中写真

圧入工法の優位性を確保した圧入機に補助工法として、オーガ掘削と圧入を連動させる「芯抜き理論」による施工方法を採用することにより、最大N値50以上の硬質地盤へ圧入施工を行う方法です。クラッシュパイラー工法を用いることにより、従来困難であった礫層や玉岩層など硬質な地盤条件において鋼矢板を圧入することが可能になりました。圧入とオーガ削孔を連動させ、硬質地盤へ圧入することで費用、工数ともに大幅に削減が可能です。

ダウンザホールハンマー工法

画像:クラッシュパイラー工法写真

ダウンザホールハンマーとは岩盤・転石層などの硬質地盤を対象に、基礎工事または仮設工事用の杭打施工に適用するもので、コンプレッサーからのエアーでハンマーピストンを往復運動させ、先端ビットの衝撃力で岩盤を掘削する工法です。ベースマシンはリーダーを装備したラフタークレーン・クローラークレーンとなり、ダウンザホールハンマーはロッド先端にハンマーを取付け、粉塵化した岩盤の排出はエアーブローにて行います。杭を打設する地盤が、礫層、岩盤などで、威力を発揮します。打設箇所が狭小部や空中障害のある現場での施工にも活躍しています。

 

ロックオーガー工法

画像:ロックオーガー工法写真

三点式杭打機・アボロンをベースマシンとして、二軸同軸式のアースオーガーにより、スクリューとケーシングを逆転させながら掘削を行います。ケーシングの高い剛性力により、精度の高い掘削と孔壁の崩壊を防止する事ができる工法です。礫層地盤及び岩盤等を掘削でき、その他地中障害撤去(既存地下躯体等)の破砕を行い、新設の山留杭の打設を可能とします。 ケーシングの剛性により垂直精度に優れており、振動や騒音が少なく都市部での施工に適した工法です。掘削に伴い貧配合のセメント系懸濁液の注入を行うため周辺地盤への影響がなく、隣接建物ならびに敷地境界との離隔が比較的少ない寸法での施工が可能です。

三点式ダブルオーガー工法

画像:三点式ダブルオーガー工法写真

三点式杭打機フロントにダブルオーガーを搭載し、ケーシングとスクリューによって新設構造物築造の障害となる既存構造物(S造、SRC造を除く)を破砕する工法です。ケーシング先端に超鋼ビットを装着し、地中障害物の外周部を切削します。内部のスクリューヘッドはケーシング内部に残るコア状の障害物を破砕し、後工程となる山留杭や仮設杭の施工を可能にします。ケーシングの剛性により垂直精度に優れており、振動や騒音が少なく都市部での施工に適した工法です。

サイレントパイラー工法(油圧圧入工法)

画像:油圧圧入工法写真

サイレントパイラー工法とは既に地中に押し込まれた杭(鋼矢板)を数本つかみ、その引抜抵抗力を反力にして油圧による静荷重で次の杭を押し込んでゆく工法です。また、騒音や振動といった建設公害が発生せず圧入機自体が完成杭上を自走する機能を持ち、省スペースで合理的な施工ができます。特徴としては、無振動、無騒音、軽量・コンパクトで組立・解体作業が無く、運搬が容易、他工法に比べ地盤にゆるみが生じない、ウォ?タ?ジェット、オーガの併用が可能、ラジコン操作なので少人数で施工ができる、打設・引抜が可能、優れた環境配慮設計となっており、環境対策は万全です。

 

ノンステージ油圧圧入工法

画像:設置工事中写真

水上(河川、港湾)、傾斜地(法面)、狭隘地、低空頭地などの厳しい現場条件に あっても、圧入施工機器全体が完成杭の天端を作業軌道として進んでいくノンス テージング工法により、従来の杭打ち機ような仮設桟橋の設置や迂回道路の 建設などの仮設工事が必要ありません。

プレボーリング工法

画像:プレボーリング杭打工法写真

スクリューで先行掘削を行い、杭材を後から所定位置まで挿入する一般的な工法です。三点式杭打機又は特殊杭打機にて先行削孔を行い、杭材を建て込みます。特徴としては、 無騒音・無振動で施工できるため、市街地など適用範囲が広くとれます。また、スクリュー先端より根固めモルタルなどの注入などが可能です。鋼管杭、PHC杭、仮設用H鋼杭などに用いられています。杭打機搭載型のため、移動が簡易で、狭小地、空中障害、接近不可能な現場、困難な施工にも対応しています。

先行掘併用油圧圧入工法

画像:先行掘併用油圧圧入工法写真

止水を必要とする山留めに多く用いられ SMP工法にウォータージェット工法やオーガー先行掘削の 併用などさまざまな地盤に最適な工法をご提案しております。

戻るボタン